iPhone/iPadの2台持ちのメリットとデメリット

iPhone/iPadの2台持ちをしている人を最近よく見かけますが、ひと昔前までは携帯やスマートフォンを2台持ちしている人を見ると、あの人はお金持ちなのかな?とかなんか特殊な仕事しているのかな?なんて言う風に感じていましたが、皆さんはどういう風に思っていましたか?
家族や友達など周りにいる2台持ちの方にどうしてそういう使い方をするの?なんて聞いてみたら人それぞれの意見が聞けて楽しいかもしれませんね。

携帯やスマートフォンは時代が進むにつれどんどん進化して行きました。今となってはスマートフォンに【指紋認証】が付いたり、【音声検索】の機能が付いたりと素晴らしいテクノロジーがたくさん出てきています。そうなるとなんで2台も持つのかなって思う時もあり、今回はこの話題について書く事にしました。

iPhone/iPadの2台持ちのデメリット

まずiPhone/iPadの2台持ちのデメリットですが、考えられることが2つあり、料金が2台分かかってしまうことと、2台持っているので荷物が増えること以外はなさそうな気がします。しかし、2台持ちだからといってiPadは端末のみ購入してフリーWi-Fiのみで使用すれば基本料金はかからないので、2台持ちのデメリットはあまりないのではないかと思います。

iPhone/iPadの2台持ちのメリット

タブレットiPad

そもそもiPhoneとiPadの違いも大きさ以外はあんまり分かりません。周りの友達や知人の2台持をしている人を見て思うのは、iPhoneでは普段から使用する連絡ツールやSNSを多用していて、iPadに関しては趣味が映画鑑賞やスポーツ観戦が好きな方が、どこにいても少しでも大きな画面で観たいのかな?って言う風な感じがします。

確かに大きさは全く違い、iPadはビデオや動画を観るのには適していると思います。私はそれならPlus系のiPhoneを使えばどちらにも良いのかな?なんて気もしますが、Plus系は常に持ち歩くサイズにしては大きすぎるようにも感じます。さらに動画を観たりゲームに夢中になるとバッテリーの消費が激しいので、常に充電を気にしなければなりません。そういう意味では、2台持ちしていればバッテリーの残量に気にすることなく動画やゲームを楽しむことができます。

スマートフォンiPhone

iPhone/iPadの2台持ちをしたけど、iPadはあまり使わないから不要だなと思ったら端末を売ってしまう事も可能です。今は中古のiPhoneやiPadを買取してくれるお店がたくさんありますし、使用頻度が少ない端末であれば、新品に近い買取金額で買い取ってもらえることだってあります。さらに、Apple製品は需要が高いので、壊れてしまっている状態(ジャンク品)であってもiPhoneジャンク買取をしてもらえることがあります。

しかし、壊れたジャンク品のiPhoneよりは綺麗な状態のiPhoneの方が買取金額は全然違いますので、動画やゲームでiPhoneを酷使しないで、できるだけiPadを使用することでiPhoneを壊してしまうリスクを減らすことができます。iPhoneジャンク買取が出来るからと言って気にせずにiPhoneを使い端末を酷使させずに、できるだけ状態の良いまま買取できるように、iPhoneとiPadの2台持ちはどういう意味でもメリットが高い選択だと思います。