有機ELディスプレイとは?!

現在、テレビやモニターで採用されており、これからスマートフォン用のディスプレイとしても採用するスマホが増えるのではないかと言われていて注目を浴びている有機ELディスプレイですが、そもそも有機ELとはどんなものなのか?

有機ELは、LEDの一種で有機半導体の材料を用いており、OLED(Organic Light Emitting Diode)と呼ばれているものです。液晶はバックからライトを当てることで光る仕組みですが、有機ELは電流を流すことで直接、面発光します。これによりバックライトが必要な液晶に比べて単独で光ることができる有機ELは薄くすることができるみたいですね。

また、単独で発光することにより反応速度も速いようで、反応が速いということは動画などの再生も液晶より滑らかに表現してくれそうです。

有機ELディスプレイ(OLEDディスプレイ)を搭載したiPhone8がどのような形状になるのかも楽しみです。さらにフレキシブル有機ELディスプレイで丸めることも可能なスマホになるのでは?という予想する人もいます。すでにSAMSUNG(サムスン)のGalaxyシリーズでは有機ELディスプレイが搭載されたスマホは販売済みです。

しかしデメリットとして高価格であるというポイントもありますので、消費者としては気になるところです。また、iPhone8ではホームボタンが必要ないのではないか?と言う話もあります。TDDI技術と言う物を搭載するのではないかと言われています。タッチセンサーとディスプレイの統合と言う素晴らしい技術が搭載されればiPhone8ではホームボタンが必要なくなります。今までは考えられなかった事がどんどん進化して搭載されていきワクワクします。どちらにしてもiPhone8待ち遠しいですね。